【WHS Add-in】Whiistの紹介/使ってみた

定番になっているAdd-In、Whiist。

【WHS Add-in】Whiistの紹介/使ってみた <  Tips・覚書 <  HOME

定番のAdd-inか?

Windows Home Server関連のコミュニティでは定番になっているWhiist。 お手軽に入れられるというのと、コンテンツを提供/共有するという意味ではなかなか良いアドインではないでしょうか。

主にできること

上記内容が可能になっている。 個人的にはあまりリモートアクセスは利用せず、知人に自宅のサーバーを公開しているわけでもないので、 カスタマイズ機能はそれほど重宝はしていないですが、フォトスライドショーは秀逸かなと思います。

Homeのページの部分的な編集

標準で掲載されている写真の編集と、リンクの設置が可能です。 掲載されている写真は、コンソール上の設定より、Whiistの設定画面にて行うことができます。

Edit..をクリック。

Select Image..をクリックして写真を選択します。共有フォルダ上にある写真を選択します。

なんか前の写真が下にありますが気にせずに問題なければApply。何か注意文言が出てきますがOK。 これで、自分のHomeにアクセスすると見ることができます。

フォトスライドショーの作成

結構人に見せる場合に便利な自動スライドショー。 特定のフォルダを指定してその中にある写真を一覧表示してくれます。 またスライドショート、写真の詳細の表示を行ってくれます。

まずはコンソールのメニューから「Manege Websites」を開いて+Addをクリック。 ウィザードが立ち上がります。

普通にNextを押してください。

作成するタイプを選択します。 今回はフォトアルバムを作成することにします。 選択をしてNext。

URLの作成と、公開する写真フォルダを選択します。 上位フォルダを指定してしまうと、すべての写真が見られてしまうので、 公開したい範囲内のフォルダを選択するようにしましょう。 どうしても混ざってしまうのであれば、公開用のフォルダを作成しても良いかもしれません。 例えば、「写真」の共有フォルダに「公開用」というフォルダを作成して、 今回作成するアルバム名でフォルダを作ってそこに写真を入れるなど。

選択をしたらFinishをクリック。

数秒後にはこのようなページが出来上がります。 写真をクリックするとスライドショー表示になります。 基本的には誰でも外部からアクセスできる場所となります。

【WHS Add-in】Whiistの紹介/使ってみた <  Tips・覚書 <  HOME