VAIO TypeP VGN-P91SのXP化

Windows Vista Home Premium VAIO Type Pを純正のドライバを利用してWidows XPを導入してみた。
2009/06/22

VAIO TypeP VGN-P91SのXP化 <  Tips・覚書 <  HOME

さよならWindows Vista Home Premium

Widnows XPディスク

Windows 7には興味あっても、残念ながらWindows Vistaには興味が無いのです。 若干ネットワーク周りの機能やらイントラを考えたときの安全性とかはある(のだと思う)が、 どうせ世の中がWindows 7に向かっているのだからあえてVista利用しなくてよいだろうと。

とりあえず、あまっているWindows XPを用意した。XPのVAIO TypePがほしい人はよく考えたほうが良いです。 ハードウェアのスペックは若干悪いものの、値段を見るとVistaをあえて購入してXPにするのは若干お金がかかるのと、 今Windows XPを購入することはできません(在庫があればよいですが)

TypePをXP化する手順

基本的には公式サイトに手順が書いてあります。
type P Windows XP用VAIOソフトウェアの提供について (公式サイト)
公式サイトより確認してください、ちなみにドライバ一式は、VAIO TypePでないとダウンロードできないようになっているようです。

  1. type P Windows XP用VAIOソフトウェアをダウンロードする
  2. type P Windows XP用VAIOソフトウェアを外部記録メディアに展開する
  3. リカバリディスクを作成する
  4. バックアップを行う
  5. BIOSをアップデートする(VGN-P90NS・P90S・P90HS・P80H/W・P70H/R・P70H/G・P70H/Wのみ)
  6. Windows XP SP2またはWindows XP SP3をインストールする
  7. ネットワークドライバーをインストールする
  8. Windows XP SP3をインストールする(ステップ6でWindows XP SP2をインストールした場合)
  9. VAIOソフトウェアをインストールする

とりあえずリカバリディスク作成とバックアップ

VAIO TypePをバックアップ

リカバリするにはドライブが必要です。リカバリが完了したらバックアップ。 Windows Home Server Consoleを入れて、バックアップ。準備周到ですね。

Windows XP用VAIOをソフトウェアをダウンロード

アップデート用プログラムを展開

VAIO TypePにてダウンロード。 マニュアルとおりだとダウンロードしたSetup.exeをまずCドライブ直下に展開。 展開することによってC\:VAIOというフォルダができるので、外部メディアのディレクトリにVAIOフォルダごと移動。 私の場合は、USBメモリを用意しました。

BIOSアップデート

私のTypePには最新版のBIOSが入っているようで不要との事。VAIO\XP_Downgrade\VGN-P\BIOS このフォルダに入っている、Readme.txt参照。

Windows XPのインストール

VAIO TypePのXP化

ドライブにOSディスクを入れて、Windows Vistaにお別れをいって再起動。 最初のVAIOと出てくるBIOS立ち上がりに「F11」を押すと、ディスクブートしてOSのインストールが開始される。 基本的にはHDDのパーティション設定以外はEnterで進めていきます。 懐かしい。

Windows VistaのHDDリカバリを残すかどうか

Vistaのバックアップ領域を残そうかと一瞬思いましたが、残っていても無駄なのでさようなら。 基本ネットワークドライブを利用するため、Cドライブ1つのみにしてそこへOSをインストール。 大体OSのインストール完了まで、30分程度でした。やはりSSDのフォーマットは早いです。

設定など

VAIO TypeP XP化のデスクトップ

有線LANが必要

何も無い空っぽのOS。ネットワーク系のドライバーが軒並み死んでいるので、まずはUSBメモリから VAIO\XP_Downgrade\VGN-Pの中のNetworkというバッチを実行して、有線LANを利用できるようにします。 そう、有線LANなんですよね。外付けのLAN/ディスプレイアダプターが必要じゃないですか。 仮に購入してない方は別途購入いただくか、SP2の正規ディスクからSP3を作成してください。

OSのディスクは昔利用していた自作パソコンの物なので、ランセンス認証が通らなく、電話。 いろいろと面倒くさいですね。ライセンスが絡むと。昔はお姉さんが出てきたのに今すべて音声案内の模様。 とりあえずは、Windows Updataのを行って、ファイルをダウンロード中にある程度のOSチューニングを。 本当にまっさらな状態なので、さくさくしてます。

VAIOのアプリケーション、残りのドライバーをインストール

Service Pack 3が入っていないと動作しないようなのでService Pack 3を導入し、 USBメモリからVAIO\XP_Downgrade\VGN-Pの中にあるSetupを実行する。 ここのソフトウェアインストールは結構時間かかりました。 これが終わると足りないドライバは無い。

TypePのXP化のセットアップが完了

セットアップ完了

たとえばVAIO TVみたいな不要なアプリケーションまでインストールされるので、削除して終了。 結構シンプルなVAIOになりました。

関連記事
VAIO TypeP VGN-P91Sを購入した

VAIO TypeP VGN-P91SのXP化 <  Tips・覚書 <  HOME