自動的にネットワーク ドライブが切断するのを回避する

Windows XPにて一定期間を過ぎると自動的にネットワークドライブが切断されるのを回避するTips

自動的にネットワーク ドライブが切断するのを回避する <  Tips・覚書 <  HOME

切断したネットワーク ドライブになる

切断したネットワーク ドライブの表示

ログイン時に、起動時にログイン処理をするようになってから、 どうも普段利用している場合、一定期間アクセスがない場合、切断したネットワークドライブになってしまうようになった。 それの回避方法。

関連情報
起動時に切断したネットワーク ドライブになるのを解消する

コマンドプロンプトにて設定する

コマンドプロンプトを立ち上げる。 スタートメニュー>ファイル名を指定して実行

コマンドプロンプト

cmdと入力しコマンドプロンプトを立ち上げる。

時間を-1

net config server /autodisconnect:-1と入力してEnterで設定が反映されます。

exitで終了

exitで終了

ローカルセキュリティポリシーでの設定

ローカルセキュリティポリシーからも、 ネットワーク ドライブ接続を切断するまでのサーバーの待機時間を設定する項目があるが、 そちらからだと0〜65535の間で設定できますが、0でも自動切断機能を無効にすることはできないようです。

自動的にネットワーク ドライブが切断するのを回避する <  Tips・覚書 <  HOME