Androidの日本語キーボードアプリを比較

iPhoneと比較した場合、個人的にはちょっと使いにくい日本語入力。 いくつか選択肢があるので比べてみた。

Androidの日本語キーボードアプリを比較 <  Tips・覚書 <  HOME

自分の利用方法は、日本語入力でもフリックや携帯入力ではなくQWERTYキーボード入力を利用してます。 端末は、日本のキャリア向けAndroid端末ではないので独自の日本語入力システムは無いので、 公開されている日本語キーボードアプリを入れる必要がある。 入力はできる限りストレスフリーにしたいので色々と試して見た。

キーボード設定

今回は3つを個人的に比較してみた。デザインが選べる場合はシンプルを、候補は1行。 他、それぞれのソフトで使いやすそうな設定にはしています。

OpenWnn plus

有名な日本語入力キーボードアプリ、ただQWERTYキーボードでの日本語入力ができないので基本NG。

Simeji

こちらも昔からある有名な日本語入力キーボードアプリ、アイコンも昔から変わってない様な。 QWERTYキーボード、フリック入力共に可能です。変換精度はよいです。 ややご入力が多い。iPhoneのように隙間が欲しい。

Simeji 日本語入力
QWERTY 日本語入力

Simeji 記号
記号

Simeji 英語
QWERTY 英語入力

ATOK Trial

名前のとおりトライアル、2011年2月末までお試し期間になっている。 QWERTYキーボード、フリック入力共に可能です。変換精度はよいです。 今のところ一番誤入力無く入力できています。ややATOKのほうが高さがあるため入力画面が狭くなる。 最上部の数字が出っぱなしというのがなかなか慣れません。

ATOK Trial 日本語入力
QWERTY 日本語入力

ATOK Trial 記号
記号

ATOK Trial 英語
QWERTY 英語入力

まとめ

長い間Simejiを利用してましたが、ATOK Trialを当分使ってみようと思います。 SimejiもATOK TrialもiPhoneより変換精度が良いように思えます。 Simeji、ATOK Trial共に結構細かい設定が可能です。Simejiの誤入力防止機能は結構便利。

Nexus S関連ページ
Google Nexus S フォトレビュー
Nexus Sをb-mobile SIM U300で利用する
Nexus SをSoftbank SIMで利用する
Android2.3のNFCでsuicaを読んでみる
Androidの日本語キーボードアプリを比較
Nexus Sに保護フィルムを貼った
Android 2.3のテザリングを試す (Nexus S)

Androidの日本語キーボードアプリを比較 <  Tips・覚書 <  HOME