BrowseAmpを使ってnintendoDSでwinampをコントロール

2007/10/07

BrowseAmpを使ってnintendoDSでwinampをコントロール <  Tips・覚書 <  HOME

ニンテンドーDS、ニンテンドーDSLiteのDSブラウザーを利用して、パソコン上で動作しているWinampを利用してみる。 Winampの海外製plugin「BrowseAmp」というプラグインを使うことにより、簡易WEBサーバーを作り、DSブラウザーでローカルネットワークのパソコンに接続するといった方法。

BrowseAmpとは

使用してみた結果

まずネックになるのが日本語に対応していないところ。致命的です。プラグイン自体は別に英語でも良いのだが、 フォルダ参照してファイルを再生するときも日本語に対応していない。 どなたかに日本語パッチを作ってもらうか、ソースを公開しているのでそれに手を入れるくらいだろうか。

それとファイルが多い場所を参照すると動作が多少鈍い。

追記:2007/10/08
日本語対応は、スキンの方のキャラセットの変更だけで普通に読めるようになりました。

BrowseAmp導入手順、動作確認

ニンテンドーDSのDSブラウザーからパソコン上のWinampを操作する方法を解説

1.まず公式サイトでプラグインをダウンロード
BrowseAmp(英語)

2.メニューのfor Winampの「download」ページへ行き最新版をダウンロード

私の場合は最新版は2.10でした。

3.ダウンロードした「BrowseAmp2.exe」を実行してインストール


Next(インストール開始)


I Agree(同意)


Next(インストールするもの確認)


winampの置き場所になります、普通はこのままNext


展開終わりNext


インストール無事終了Finish

4.スキンも一つダウンロード
WEBに落ちてたDSブラウザー用スキン Download
解凍すると「DS Browser Skin」というフォルダができるので標準なら
C:\Program Files\Winamp\Plugins\browseamp
この中にフォルダごと入れる。

5.Winampの設定
プラグインを展開したあとWinampの2.xか5.xを起動して
右クリック→オプション→設定→プラグイン→General Purpose→BrowseAmpを選択して「選択プラグインの設定」をクリック。


こんなものが出てくるはずです。skinのタブに移ってselect default skinをDS Browser Skinに設定。
music folderタブに移って自分の音楽が入ってるフォルダを指定。で右端のClose。

6.ニンテンドーDSのDSブラウザーでアクセスする
上の画像のinfoというところにhttp://自分のIPアドレス:80というのがあります。DSブラウザーのURL入力でそれを入力する。


こんな感じになります。これが「main」ページ。基本的には機能毎にページが別れているといった感じです。
上の prev play pause pause nextが簡易コントローラー。このページからはあとシャッフル設定、リピート設定、ボリュームがいじれます。

下のリンクの、playlistがwinampのプレイリストの部分の表示。 Library Searchが検索、Browserがmusic folderなどで指定したフォルダを見る。


とりあえず日本語がだめなので英語のファイルをwinampで突っ込んでDSブラウザー側で確認。 普通に再生や曲飛ばしなどの機能が動作します。

BrowseAmpを使ってnintendoDSでwinampをコントロール <  Tips・覚書 <  HOME