オリンパス E-410 レビュー

世界最小!という1000万画素コンパクトデジタル一眼レフカメラ「E-410」

2007/12/23 review vol.05
オリンパス E-410 レビュー <  デジカメレビュー <  レビュー <  HOME

2007年4月にオリンパスから発売された、世界最小、最薄、最軽量でライフビューが搭載されたE-410。女優の宮 崎あおいさんがCMを行っているやつ。

また個人的には待望のフラットボディーになっていて、ポップアップしたフラッシュからは70年代の銀塩カメラ を彷彿させるようなファインダーの頭が見える。文末には作例を掲載してみました。

コンパクトなシステム

nikon F3とolympus E-410
OLYMPUS E-410(左)Nikon F3(右)

注目すべき部分は、ボディーの小ささとそれにあわせて作ったような標準レンズではないだろうか。ダブルズー ムキットでZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6、ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6の2本が付属するのだが 両方軽くて小さい。そして何より軽い。

特にクビからかけたとき、両手で持ったときは、その軽さ、その小ささを実感できる。 コンパクトという概念自体はOMシステムに似てるような似てないような 。オリンパスはE-SYSTEMとして現在展開している。

がんばってほしいファインダー

フォーサーズは素子が一般的なAPSサイズのデジタル一眼レフと比べて小さい。よって基本倍率が1であって も、ファインダー内の像は小さくなる。

E-410のファインダー
懐かしい形のファインダーが隠れている、フラッシュなくして三角頭の視野率100%で倍率の高いファインダーを

APSサイズのデジタル一眼レフを利用していたユーザーにとってはちょっと最初に違和感を感じる。ただしAFで 利用する場合はすぐに慣れると思う。MFはちょっと現実的に難易度が上がるかな?といった感じです。 そんなときはオリンパス純正のマグニファイヤーアイカップME-1があり、視野を1.2倍にしてくれる。お値段は5,000円也。

11月に発売されたフラッグシップのE-3を見ると、ものすごくファインダーが良い。フラッグシップと比較をす るのはナンセンスだが、ホットシューも搭載されているので、フラッシュをなくし、三角お山のペンタプリズム ミラーなんか搭載したら皆飛びつくのではないだろうか。

ホールド性能はやや劣る?いやグリップ性能か

見た目上は銀塩っぽく好きなのですが、フラットなグリップの為、片手で長時間持つということが出来ない。 グリップがないから軽いとは言え、握力が必要になってくるのはちょっと残念。 これは私が特殊なだけかも知れないですが、首にかけるか肩にかけるかどちらかになるでしょう。 そういった場合は、やはり軽さという事を体感できる。

E-410の三角環
フロント側の左右に三角環が

私は撮影するときは手にもつのですが、グリップストラップが必要になる。 ホールド性に関してはコンパクトではあるが、よくまとまっていて包み込むように構える事ができ、それなりに手ぶれを防いでれる。 ただしフィルムカメラのように正面に2つ三角環があるが意外と右の三角勘が撮影時は邪魔になる。

やはり手ブレ補正は必要か?

兄的存在でもあるE-510には手ブレ補正が搭載されている。多少グリップが厚くなるのと重さが100gくらい追加 されているが基本的な大きさは変わらない。また実はグリップがあったほうが持ちやすく、 そのおかげか重さを意外にも感じない。 コンパクトデジタルカメラであろうと一眼レフカメラであろうと手ブレ補正はあったほうがいいように思える。

標準レンズのワイド側開放が少し暗いことを考えても、手軽に撮影するならやはり手ブレ補正は欲しいところ。

極小画素の弊害だって?

フォーサーズは素子が小さいからなんとかっていう説明を、大手量販店の店員までがしだしてる次第。確かに大 は小を兼ねるというが、ISO800の画質もまずまず解像感があるしダイナミックレンジも狭くはないと思う。 何より大きさ・値段を考慮したコストパフォーマンスでは最高ではないだろうか。

オリンパス E-410で撮影した写真

写真をクリックすると拡大します。(新しい窓で開きます)

オリンパス E-410で撮影した写真 1 オリンパス E-410で撮影した写真 2
オリンパス E-410で撮影した写真 3 オリンパス E-410で撮影した写真 4
オリンパス E-410で撮影した写真 5 オリンパス E-410で撮影した写真 6
オリンパス E-410で撮影した写真 7 オリンパス E-410で撮影した写真 8

1日中持ち歩いた後に、量販店に行き、オリンパスのフラッグシップの新型E-3や、NikonのD300などを持ちましたが 本体、レンズ含め重いです。大き目の高倍率コンパクトデジタルカメラなどと同じくらいの重さということで、 やはり軽さというところが私には重要なスペックだなあと思います。

オリンパス E-410 の感想

できれば発売日にほしかったが、ダブルズームキットを8万円台で買えるのはうれしい。 軽さというスペックで見れば断然よく、また1台サブで持ていれば何かと役立ちます。 これに慣れてしまうと重いカメラを持ち出すのが億劫になってしまう。本体、レンズ共にコンパクトで 満足できるものでした。

気になるところはファインダー。そもそもPentaxのペンタプリズムミラーファインダーの 一眼レフカメラを使っていることもあり、かなり差がある。

あとはもうワンテンポ、オートフォーカスの速度などがほしいですね。そうなれば街中で軽快なスナップができるかなと。 WEBのいろいろなところで要望にあがっていますが、小さい単焦点レンズを早く出してもらいたい。

オリンパス E-410 レビュー <  デジカメレビュー <  レビュー <  HOME