イーモバイル Pocket WiFi(D25HW)レビュー

2009年11月中旬にイーモバイルから発売された、Pocket WiFi(D25HW)

2009/12/28review vol.23
イーモバイル Pocket WiFi(D25HW)レビュー <  レビュー <  HOME

Pocket WiFi(D25HW)を購入してみた

emobile Pocket WiFi D25HW
イーモバイル Pocket WiFiの本体画像

2009年11月中旬にイーモバイルから発売された、Pocket WiFi(D25HW)を悩んだ末に購入した。 悩んだ理由としては今現在イーモバイルのデータ端末を利用中(2年の縛りは無い、ただの年間契約)なのとiPod touchをメインで利用する予定で、iPhoneとほぼ同一の通信環境となるため。

iPhoneとiPod touch+Pocket WiFiの環境は色々と議論になっているが、 ほぼ月額料金は変わらないので自分の利用環境にあったものを選択すればいいと思っている。 私はデータ通信カードという選択肢も残すために後者を取った。

主な特徴

本体左側画像  本体右側画像
本体下側画像  本体上側画像

主な特徴は、機種単体で通信を行う事ができ、 最大5台まで接続可能なWi-Fiを持っているということに尽きる。 単体では4時間の連続通信ができ、ハードウェアは小型で約80gと軽量。 以前からもデータ通信カード+モバイルルーターという環境構築ができたが、 それと比べてもかなりコンパクトなシステムになる。

LAN側のWi-Fiは、IEEE802.11b/gに対応。 認証はWEP、WPA-PSK、WPA2-PSK、WPA/WPA2-PSK。 暗号化はWEP、AES、TKIP、AES+TKIPに対応。 また個人的には使わないほうがよいと思いますがWPSにも対応している。

インタフェースは、ディスプレイと本体左側にmicroSDカードスロット。 本体右側に電源ボタン、Wi-Fi/WPSボタン、CONNECTボタン。 本体上側にバッテリーボックス開閉ボタンとストラップ通し穴、本体下側にminiUSB端子を備える。 本体が小さいのでストラップに通したほうが良いかもしれない。

端末上での操作

詳細な設定などはUSB接続またはWi-Fi経由で行うことができる。 端末上での操作では電源ボタンを2秒長押しで電源のON/OFF。Wi-Fi/WPSボタンを2秒長押しでWi-FiのON/OFF。 5秒以上押すとWPS機能が立ち上がりペアリングを開始する。CONNECTボタンを押すと通信のON/OFF。 5秒長押しでオートモードとマニュアルモードの切り替えができる。 工場出荷時の初期化はCONNECTボタンとWi-Fiボタンを10秒同時押し。

通信速度をチェックしてみた

Pocket WiFi D25HWの通信速度をチェック
iPod touch、VAIO Pにより計測、電波の状態は3本

ハードウェア処理速度の比較的低いiPod touchで、平均423.3kbps(53.5KB/s)という数字。 ネットブックスペックのVAIO P(Atom Z)で、平均861.5kbps(107.7KB/s)という数字。 ちなみにD25HWの理論値は7.2Mbps(7,200kbps)。まずまずの数字ではないでしょうか。 実際iPod touchでは54KBb/sの速度があればWEBを見る分には不自由しない速度。 ちなみに自宅通信環境だとノートパソコンが平均167.5KB/s(1G有線)という速度に対して、iPod touch(54M無線)は111.2KB/sというスコアになっている。 (自宅はADSLで基地局から遠い)

Pocket WiFiの充電

付属品でACアダプターとUSBショートケーブルが付属してくる。 ACアダプター経由およびパソコンのUSB端子から充電が可能。 ただしパソコン経由の充電に関しては制限があり、通信利用中は充電されずに給電される。 要するに従来のデータ通信カードと同じ挙動ということになる。 ACアダプター経由で4時間(公称値)、USB経由で6時間(公称値)で満充電となる。

パソコンへのインストール

基本的な設定はすべてWi-Fi上で行うことができるようなので、今回はパソコンへのインストールを行っていない。 これもまたインストールしなくてよいというのは気分的にも良い。 無線でアクセス中にルーターのアドレスをブラウザに入れログインすることで設定することができる。 ただしUSB接続した時点でインストーラーが自動的に動き出す。自動再生のプロパティじゃ止められない、、

Pocket WiFiの設定

標準のセキュリティはWEP。通信はオートモードで、Wi-Fiは10分間通信が無い場合はサービスを停めるという設定になっている。 端末の管理画面上から細かい設定をすることができる。管理画面へのアクセスは端末にアクセスしたあとに、ブラウザで192.168.1.1と入力。 そうするとログイン画面が出てきます。IDにはadminを。パスワードには出荷時状態のWEPキーを入れることでログインできます。

メニューの「設定」で色々な設定が可能です。 まずは「システム設定→ログインパスワード変更」よりログインのパスワードを変更しておきましょう。 WEPキーはPocket WiFiで共通ではないと思うので覚えられるのであればWEPキーでも良いと思います。 利用する機器が高いセキュリティに対応している場合は、セキュリティの変更をします。 WEPは極力今後は控えたい。「無線LAN設定→無線LANセキュリティ設定」で変更が可能です。

「無線LAN設定→無線LAN基本設定」でSSIDを変更およびステルスにすることができます。 私はステルスにはしませんがSSIDは変更しました。特にこれといった意図は無いです。 外で利用する場合が多いので人目でD25HWというのがわかってしまう為に変更しました。 またこの設定画面で、無線LAN自動オフの機能およびオフにする時間を選択できます。 私の利用方法だと頻繁に電源をオフにする可能性が高いので、無線LAN自動オフは無効にしました。 通信はオートモードであれば自動復旧しますが、無線LANがオフになった場合は、復旧するためには、 本体右側のWi-Fi/WPSボタンを押さないと接続できないようです。

「3G設定→接続モード設定」で接続モードの選択と自動的に切断される時間を設定できます。 私は標準設定のまま、オートモードで10分で通信が切れるようにしています。 立ち上がりがそこまで遅くないので、バッテリーを気にする人はこの時間を短くしてもよいかもしれません。

地下鉄などでの再接続

東京都内の地下鉄は結構イーモバイルの電波が入るが、オートモードの場合一旦接続要求が来てからの再接続により、 接続までの時間が若干掛かる。 停車中に1通信するのがやっとくらいな印象。

現在の使い方

ほとんどがiPod touch外出用になっている。 ここまで割合が多いといまさらiPhoneと迷うところもありますが。 ただしノートパソコンを持ち歩くのも事実ですのでしばらくは様子を見ようと思います。

生活スタイルからすると、自宅と職場にインターネット環境が整っており、 電車通勤だが地下が2/3を占め、既存の携帯電話の利用料金がぱけっと放題などをつけずに2,700円という人間だと、 ネット通信が必要なときにPocket WiFi(D25HW)を立ち上げて利用し、一通り終わったら切断という方法を取っている。 通信はオートモード。Wi-Fiは切れると手動で復旧させないといけなく常時接続しているわけではないので、切断しない設定にしている。

公称のバッテリー持続時間が4時間となっているが、上記利用方法で普段不便したことが無い。 バッテリーに不安がある方はポータブルバッテリーなどの導入をするとよいと思います。

参考
iPod touch (32GB MC008J/A) レビュー
iPhone / iPod touchをDLNAクライアントにする
iPod touchにノングレア(非光沢)タイプの保護フィルムを付けた
iPod touchとPocket WiFi(D25HW)のモバイル環境

イーモバイル Pocket WiFi(D25HW)レビュー <  レビュー <  HOME