PENTAX K-7 レビュー

2009/6/27発売の新しいPENTAXのデジタル一眼レフカメラ「K-7」。珍しく発売前予約で発売日に購入。 プレミアムスモールと称された、PENTAXらしい1台。
2009/6/28 review vol.20

PENTAX K-7 レビュー <  デジカメレビュー <  レビュー <  HOME
pentax k-7の写真

2009年6月28日に発売されたPENTAX K-7。久しぶりにPENTAXらしさがあります。 プレミアムスモールと称されたコンセプトで、視野率100%、金属外装で防塵防滴、 そして旧エントリークラスサイズのボディーに手ぶれ補正機構とゴミ除去機能。 最近のトレンドのハイビジョン動画撮影機能、ライブビューなどに対応した万能スペック。 このレビュー、あんまり画質云々は行ってません。

PENTAX K-7を選んだ理由として、、

第一に写りなどではなくて質感とサイズ、高級感があるカメラが好きです。 個人的にはPENTAXのデジタルカメラでは、istD、istDSが好きで、その後のKシリーズはどうも食指が動かなかった。 K10Dはかなり売れたようでしたが、サイズが大きく、K100Dは性能も写りも申し分ないがチープ。

ようやくPENTAXらしいデジタル一眼レフカメラが発売されるということで、予約購入でした。 決め手になったのは、下記の4点。 画素数とかハイビジョン動画とかライブビューなどはあまり購入する理由ではありませんでした。

レンズ装着したK-7の外観写真

手持ちのレンズをいくつか装着して見ました。 外観や質感はやはりアルミボディーのLimitedレンズがなかなかマッチしています。

PENTAX K-7 + DA35mm F2.8 Macro Limited
pentax k-7 + DA35mm F2.8 Macro Limited 前写真 pentax k-7 + DA35mm F2.8 Macro Limited 横写真
pentax k-7 + DA35mm F2.8 Macro Limited 左前写真 pentax k-7 + DA35mm F2.8 Macro Limited 右前写真
PENTAX K-7 + DA21mm F3.2AL Limited
pentax k-7 + DA21mm F3.2AL Limited 前写真 pentax k-7 + DA21mm F3.2AL Limited 横写真
pentax k-7 + DA21mm F3.2AL Limited 左前写真 pentax k-7 + DA21mm F3.2AL Limited 右前写真
PENTAX K-7 + FA43mm F1.9 Limited
pentax k-7 + FA43mm F1.9 Limited 前写真 pentax k-7 + FA43mm F1.9 Limited 横写真
pentax k-7 + FA43mm F1.9 Limited 左前写真 pentax k-7 + FA43mm F1.9 Limited 右前写真
PENTAX K-7 + DA18-55o F3.5-5.6AL (旧標準ズーム)
pentax k-7 + DA18-55o F3.5-5.6AL 前写真 pentax k-7 + DA18-55o F3.5-5.6AL 横写真
pentax k-7 + DA18-55o F3.5-5.6AL 左前写真 pentax k-7 + DA18-55o F3.5-5.6AL 右前写真

PENTAX K-7スペック

スペックPENTAX K-7NIKON D90CANON 50D
画素数1460万画素1230万画素1510万画素
素子APS-C CMOSAPS-C CMOSAPS-C CMOS
ISO100-3200200-3200100-3200
連射5.24.56.3
シャッター1/8000-30 B1/4000-30 B1/8000-30 B
ファインダーペンタプリズムペンタプリズムペンタプリズム
視野率倍率100/0.9296/0.9495/0.95
液晶3型92万画素3型92万画素3型92万画素
ライブビュー対応対応対応
ゴミ取対応対応対応
動画対応対応対応
サイズ幅130.5mm132mm145.5mm
サイズ高96.5mm103mm145.5mm
サイズ奥72.5mm77mm70mm
重量670g620g730g

やっぱり質感大事

今までいくつかの一眼レフカメラを利用してきましたが、質感は良いほう。 あと金属ボディーの安心感というのが手に取るとわかります。 プラボディーだと若干タワミ・キシミがある。この辺は防塵防滴と相まってかかなり良い。 そういった意味ではフラッシュ部分もがんばって表面上だけは、マグネシウムを採用だったらかっこよかった。

グリップ

非常に握りやすい。女性でも男性でも普通に握りやすいと思う人が多いと思う。 若干厚みを感じる。深く握っても浅く握っても握りやすい。結構どうやって持ってもそれなりにフィットする。 ちょっと他のカメラに戻れないかなという感じ。若干見た目よりも大きさを感じる。 容積あたり重量があるからだろう。

K-7 高感度画像の比較

PENTAX K-7のISO感度別比較画像。DA35mm、F8固定。10M★★★★、JPG。 画像をクリックすると拡大します。NR処理開始はISO1600以上に変更しています。(標準ではISO800に設定されています)

PENTAX K-7 ISO100
K-7 ISO100
PENTAX K-7 ISO200
K-7 ISO200
PENTAX K-7 ISO400
K-7 ISO400
PENTAX K-7 ISO800
K-7 ISO800
PENTAX K-7 ISO1600
K-7 ISO1600
PENTAX K-7 ISO3200
K-7 ISO3200
PENTAX K-7 ISO6400
K-7 IS6400
 

カスタムイメージ

PENTAX K-7のカスタムイメージ。DA35mm、F8固定。10M★★★★、JPG。 パラメーターのプリセット。プリセット内容も画面で確認できるようです。

PENTAX K-7 鮮やかモード
鮮やか
PENTAX K-7 ナチュラルモード
ナチュラル
PENTAX K-7 人物モード
人物
PENTAX K-7 風景モード
風景
PENTAX K-7 雅(MIYABI)モード
雅(MIYABI)
PENTAX K-7 ほのかモード
ほのか
PENTAX K-7 モノトーンモード
モノトーン
 

レンズ補正機能

DAレンズに対して、歪曲補正(ディストーション補正)と倍率色収差を補正することができる。 この機能を利用すると処理速度が結構かかる(2〜3秒くらい)

レンズ補正なし
レンズ補正なし
歪曲補正
歪曲補正
倍率色収差補正
倍率色収差補正
歪曲・倍率色収差補正
歪曲・倍率色収差補正

その他機能

これ以上は細かすぎるのでまとめてしまいますが、 さらに細かいハードウェア的な設定(メニューの色とか、デジタルメニューの表示とか)、デジタルフィルターや動画機能全般など、 まだまだ細かいたくさんのチューニングできる部分があります。さらにRAW現像でやはり同一の写真でも表現が変わってきます。 ダイナミックレンジ拡張機能などもあり、、、

PENTAX K-7の価格について

最初発表されたときはびっくりしました。内容はリークされていたものの、値段は18万円くらいだろうかと思っていたところ、 12万9,000円程度が市場実勢価格とのこと。大丈夫かとかなり心配になりました。

※順次、コメントや画像を追加していきます

PENTAX K-7 レビュー <  デジカメレビュー <  レビュー <  HOME