SONY BRAVIA KDL-40W5000 レビュー

ソニー BRAVIA(ブラビア)の秋冬モデル、W5000シリーズの40型液晶テレビ。 秋冬モデルのフルハイビジョンハイエンドモデル。4月中旬頃購入。

2008/5/1 review vol.09
SONY BRAVIA KDL-40W5000 レビュー <  レビュー <  HOME

40型BRAVIA

引越しを機に、液晶テレビを購入しようと思いここ1ヶ月くらい色々と悩んでいましたが、 SONYから春夏モデルが発売されつつあるなか秋冬モデルですが購入しました。

まず、部屋の大きさ、視聴距離から考えるとリビングでは37〜46くらいが最適のようです。 (最適視聴距離:画面の高さ×3倍前後(目が悪い私なんかは3倍弱がよさそうです)

購入検討したテレビ

本当は、W5000シリーズは気にはなっていたけど今回購入検討していたのは、 WEB上でも人気があり、基本性能と録画機能が充実している東芝 REGZA 42Z3500とパイオニアのKURO PDP-428HX でしたが、どちらも普通な感じ。結局画質を比べてSONYのBRAVIAになりました。

W5000シリーズは一応ハイエンドモデルではあるのですが最上位にXシリーズがあります、Xシリーズはさすがに 画質は良か ったです。なんといったらいいのでしょう画像に静寂さがあるといった感じ。 ただ値段が高いのと、デザインがWシリーズの方が良かったので、今回はW決めました。

画質がよい

実は「地上波デジタル」が初体験なのだがこんなにも綺麗なものか、と感動しました。 これに関しては他のテレビでも感動は味わえるとは思うのですが。 画質自体もシャープすぎず、また液晶テレビ特有のにじみやボケがほとんどない。 特に文字や白いラインなどが綺麗に映しだされている。

知り合いの家などで色々なメーカーの物を見せていただきましたが、 今のところはこれが一番自分に合っている映りだと思います。 某亀山モデルのエントリー機種とREGZAのハイエンド機種での比較。ただ両方32型。

デザインについて

まずまずのデザイン

もう少し淵の色が黒だったら、というのと淵が太いくらいが気になった点で、直ぐなれ部屋に溶け込みました。 デザインは良いと思います。足の色が黒いのも良いと思います。枠は黒よりも実は目立ちにくいかもしれません 。

音質について

小音量で聞いている分には一切気にならないですが、 大きい音量だとうるさく感じます。どちらかというと広がる感じで、 1.5mくらい離れると解像感が失われる。

また画面が大きくなればなるほど視聴距離は遠くなり、 音量を上げないといけなくなるという悪循環になるのではないだろうか。 周りで何か作業(皿洗いや電話など)をされると結構聞き取りにくい。

そもそも純正の音に、コンポや再生専用機器の性能を求めてはいけないので、 気になる人はSONY純正のシアターセットや、スピーカー内臓のTV台を購入すれば良いと思う。 あとは小型がよければ小さいシアターセットか、PC用のアクティブスピーカーなどが良い。 一人で視聴する分にはなんら問題がない。

応答速度について

テレビを見てる自体では、ほとんど違和感を感じません。 ビートマニアのような音ゲーはちょっと微妙ですが、 そもそもPS2自体の画質の荒さが目立ちます。 モーションフロー(倍速機能)を強く掛けるとものすごく違和感があるので基本設定が一番よいようです。

機能等について

注目らしいですよ、BRAVIAの要?

おき楽リモコンは便利です(笑 
電波利用してる?らしいので感度は良好。手に持って操作は片手はつらいのですが、 あんまり片手で持つものではないのかな?置いて操作だろうか。周辺機器がないので便利さ半減してますが。

画質、音質系の機能については標準の設定で全く不満がありません。こだわりのある方は結構詳細に設定が可能 になっています。 色々いじっては見たものの、基本設定が一番好みのようです。 ブラウンを利用していたので反応が遅いのが少し気になる。 ザッピングが好きな人にはちょっとだけストレスになるかもしれない。 チャンネル変更はワンテンポ、メニューや番組表の表示はツーテンポ遅れる感じ。

昔のご家庭の、チャンネル権を持ってクルクル番組を変えるお父さんにはちょっとストレスかも。

豊富な入出力端子

今はレコーダーを持っていないのですが、DVDに焼くことはできないですが純正のBRAVIA LINKがあるBRX-A250を 購入予定です。入力端子なども多いですが、映像機器を私はほとんど持っていないので宝の持ち腐れ状態です。 DVDプレーヤーは4年前のものでD端子、あとはPS2のゲーム機だけ。もう少しいろんな機能を使ってみようと思い ます。

ブラウン管との比較

画質は綺麗です、ただしやはり応答速度の面ではかなり差がある。 またダイナミックレンジ(スペック上のダイナミックレンジではなく体感で)は結構がんばっていると思う。 薄型というメリットは大きい、設置場所をそれほど選ばない。 最近は壁掛けが普通に出来るモデルが多いのでありがたい。コーナーにTVを置く必要もないし。 壁さえあれば壁の大きさが最大値というのも嬉しい。

大体ブラウン管を持っている人は小さいものか、21型、比較的大きいもので30インチ弱程度だと思うので、 手ごろな32型などよいかもしれない。10万円前後で購入できる(値段を見るとまだ高いですが)。 また30インチくらいのブラウン管が置けるスペースがある人は、50インチ以上の液晶が置けるので その辺を狙うのは良いと思う。プラズマテレビが購入選択肢に入ってくると思いますが。

SONY BRAVIA KDL-40W5000 レビュー <  レビュー <  HOME