DALI Mentor MenuetとLUXMAN LXA-OT1でシンプル環境

5年前に据え置きを撤去してからずっとヘッドホンで音楽を聴いていたが、Stereo誌2012年1月号のLUXMAN LXA-OT1を入手してから音を出したくなりオーディオ環境を整えることにした。DALI Mentor MenuetとLUXMAN LXA-OT1、Benchmark DAC1、Styleaudio CARAT-T2でシンプルなオーディオ環境を構築した。

DALI Mentor Menuet

DALI Mentor Menuetフロント

DALIからRoyal Menuet IIというちょっと特徴のあるスピーカーがあったが、 名前的には後継にあたる小型のスピーカー。新しくMentorシリーズになった。2Way2スピーカーで中低音域を115mmのユニット、高音域を28mmドーム型ユニットを搭載している。クロスオーバーは3kHz。感度は86dB、インピーダンスは4Ω。推奨アンプは20〜100W。サイズはH250xW150xD230、4kgとコンパクト。バイワイヤーには対応しない。実勢価格11万円前後。

DALI Mentor Menuet ターミナル

コンパクトなのに程よく低音も出ている。中音域に響きと艶がある。解像度が高かったりカチッとした定位があるわけではない、広めの音場で空間的ななり方をする。聞いていて心地よい。それでいてスピード感のある音にもついていけている。女性ボーカルや弦楽器、オーケストラなどがよい。男性ボーカルは少し奥に行く感じもする。20時間を越えたあたりから低音が出始める。説明書にはスピーカーのセッティングを内振りではなくて平行にするように記載がしてあった。

LUXMAN LXA-OT1

LUXMAN LXA-OT1

Stereo誌2012年1月号付録のLUXMANとStereo誌がコラボして作られた小型デジタルアンプ。5Wx2 (8Ω)、16V電源、重さ74g、ライン入力1。TDA7491HVを採用している。オペアンプは交換が可能という気軽な改造を楽しめる余地を用意してくれている。 雑誌の付録なのにACアダプターが付属。ラベルにLUXMANの印字までされている。 スイッチとボリュームが一体化している。ミニコンポなどによくあるバネ式のスピーカー端子。BELDENの14AWGのスピーカーケーブルは付ける事ができた。

LUXMAN LXA-OT1とiPhone

簡易的な環境として、iPhoneからライン出力をさせるDockケーブルとLXA-OT1を接続。そこからDALIのMentor Menuetに接続。いい音鳴ります。適当にYutubeに接続してAKB48のPVを再生してもにやける。

フラットな感じで低域から高域まで無理なくなっている感じ。能率86dB 4ΩのDALI Mentor/Mも余裕に鳴らす(ボリューム半分以下)コンパクトなシステムとしては意外とこれはこれでありかも知れない。ネット上ではコンデンサの交換などをやっていたりケースに収めたりしているが、簡易ケースに収めてRCA端子とスピーカー端子を交換したいなと思わせてくれる。

Benchmark DAC1

Benchmark DAC1フロントパネル

長い間定番だったDAC、2ch 192kHz/24bitのBenchmark UltraLock technologyによるDAC (ditital-to-analog converter)。サイズは小さめで電源スイッチはない。HPA2というヘッドホンアンプを搭載している。ヘッドホン出力と、リアパネルの選択次第ではバランスXLR、アンバランスRCAをボリュームでコントロールできる。プリアンプのような機能もある。3系統の入力(balanced XLR、coaxial、optical)でフロントパネルのスイッチから入力切替できる。汎用性があるので扱いやすい。

Styleaudio CARAT-T2

Styleaudio CARAT-T2リアパネル

韓国のStyleaudioというメーカーのUSB-DDC。Windows/Macの標準ドライバーで動作する。バスパワーもしくは、付属していないが6Vの外部電源で動く。バランスデジタル、同軸デジタル、光デジタルの3系統の出力ができる。値段の割りに作りがよいが、機材との相性があるようだ。iPadでは動作しなかった。汎用性があるので扱いやすい。

パソコン環境

Core2Duo、4GB、SSD、WindowsXPというパソコン。再生ソフトはWinamp2.xかfoobar2000を利用していたが今回からiTunesに完全移行することにした。メインで利用するノートパソコンなので引廻したくないUSBケーブルは1.5mぎりぎり。今回環境移行でApple LosslessでCDを再リッピングしなおしてる。

音出し環境

LXA-OT1とMentor Menuet

いい音で鳴る。スピーカーは鳴らし始めは固めで低音が出ていないが、時間が経つと硬さが取れて低音が出るようになってくる。低音が足りないと中音域が少し耳に付くが、エージングで改善していくだろう。バランスがよくて音が綺麗、心地よい感じのスピーカーです。全体の音の方向性は問題ないのでリビングで利用する前提なので利便性の向上を進めていきたい。

2012/2/1 作成